2017年9月9日更新

高砂の宝殿駅から南へ、浜国道を超えるとすぐ“マクロビオティック”の料理を提供する「Coco natural cafe&deli」が現れます。木の温かみを感じる可愛らしい外観が目印です。扉の奥で、笑顔が素敵な店主の吉田愛子さんが迎えてくれました。オーガニックに興味のある女性だけではなく、男性までも来店するその魅力の源泉は何なのか、お話をうかがいました。

自然のままの食を、いつものように味わってもらう

「coco natural café&deli」を始めたきっかけはなんですか?

「以前は医療事務の仕事をしていました。その時、病院に来る患者さんたちを見ていて、病気になってから薬に頼るだけではなく、日常から健康になれる食事を提供できるようになればと思ったのがきっかけです。学生の頃、カフェを経営してみたいという夢もあり、マクロビオティックについて勉強をはじめました。」

マクロビオティックとはなんですか?

「全く動物性のものをつかわないお料理のことです。魚も一切使いません。ビーガンの外国人の方も安心してお食事できるお店です。」

お店をはじめた時の様子を聞かせてください

「はじめはなかなかお客さんに認めてもらえなかったです。料理の味付けをちょっと濃くしたり、男性向けに食事の量を増やしたりもしました。そうやって試行錯誤しているうちに、若い方から年配の方まで、受け入れてもらえるようになりました。今では男性の方も、昼食を食べに来てくださいます。」

このお店の一押しは何がありますか?

「やっぱりベジかつめしですね。車麩を使ったオリジナル料理です。車麩でいかに肉らしさを出すかで味が決まるので、下味はしっかりつけています。休みの日には、新メニューの開発をしています。上手くいったものは月替わりのメニューとして提供します。」

食材はどうやって調達しているのですか?

「野菜は、ふぁーみんSHOPなどで買うこともありますが、実はこの店舗が入っているビルのオーナーさんにいただくこともあります。すぐ裏手に畑があって、たまに収穫させてもらっています。あと、お客さんからいただくこともあって、それを調理して提供したりもしています。」

イベントにも出店されますね

「10月に、大阪で行われるビーガンイベントに出店します。7月には高砂市の竜山石採石場を会場とした“新月の瞑想”というイベントにも出店しました。」

今後の目標を聞かせてください

「今は、お店の規模は18席ほどですが、これからもっとたくさんのお客さんに来ていただけるように、お店を大きくしていくのが目標です。」

Coco-natural
兵庫県高砂市荒井町東本町5-23
Tel. 070-5041-1508
*OPEN 10:00-18:00
*定休日 不定休
(月に1回Facebookで発信)
*Facebook https://www.facebook.com/Coco-natural-909330579120170/

吉田愛子(coco natural café&del)のワークショップ