AGN加古川

20世紀は、人類史始まって以来めざましい科学技術の進歩と経済的発展を遂げた世紀だ。しかし、一方で環境や安全、そして自然と人が共生する真の豊かさを切り捨てたのも20世紀の特徴と言える。 21世紀を自然と人と社会が共生するさらに豊かな社会として構築していくためには、自然と人間との関係をそっかりと見据えたサイエンスとテクノロジーの再編が必要だ。 『花と緑のまちづくり』を経済性優先のものではない、自然や風土を見つめ直し、あたr多恣意社会における人々の豊かな暮らしのあり方を創造する文化行為だと考えています。